医者と患者の話
体温計を両手で持つ医師

お金について調査する

肺がんの治療の費用は小細胞がんであるか、そうでないかによって大きく異なります。 なぜならば小細胞肺がんであれば抗がん剤を使った治療が中心となります。一方で非小細胞肺がんでは早期がんであれば手術や放射線を用いた方法が中心となります。また、進行がんであれば抗がん剤を用いた方法も行われます。まず手術を行うものであれば、手術を終えてからの再発防止のための抗がん剤治療の分を考慮して初年度は自己負担額として30万円前後となります。以降毎年の定期検診で年間6万円ほどが必要となります。重粒子線治療を行うのであれば自己負担額はとても高くなります。小細胞肺がんで抗がん剤を中心に治療を行う場合には自己負担額は検査費などを含めて40万円前後となります。

肺がんにおける費用はその治療方法によって大きく異なります。手術する場合は保険が適用となることから自己負担額は少なくなりますが、手術以外の費用が必要となります。例えば再発防止のための抗がん剤の費用や定期検査に必要な費用、さらには血液検査などの費用が必要となります。また、手術を終えてからの退院するまでの間の入院費も費用と言えます。 最近では胸腔鏡手術も行われています。従来行われていた手術と比較して回復が早いことから入院期間を短縮することができます。しかしながら、技術料が通常の手術よりも高くなります。つまり、肺がんにおける費用はケースバイケースであると言えます。治療後に定期的な検査が必要かどうかということがポイントと言えます。