費用について学んでおく

聴診器

脳動脈瘤とは、脳の動脈に瘤ができることを言います。この瘤は、血管壁が圧力などによって膨らんだもので、中には血液が流れています。この瘤が破裂するようなことがあった場合、クモ膜下出血により、脳にダメージを与える危険性があります。 瘤の大きさによって、経過を観察する、あるいは手術を行うなどの治療法が選択されます。脳動脈瘤があるかどうかを知る方法は、MRAやCTAなどがあります。手術を行うとなった場合、費用は一般的に200から300万円程度かかります。ただし、健康保険が適用されますので、自費での負担分はその何割かになります。また、医療保険などに加入している場合、保障の適用であれば給付金を受け取ることもできます。

脳動脈瘤の治療のための手術は2種類があります。一つは脳動脈瘤の根元の部分を特殊なクリップで挟み、脳動脈瘤へ血液が入り込まないようにして破裂を防ぐ方法です。そして、もう一つは脳動脈瘤の中に特殊なコイルを詰めて、破裂を防ぐ方法です。どちらの方法で行うかは、医師が診察を行い判断します。どちらも費用はだいたい同じです。 脳動脈瘤は、大きいものほど破裂の危険性は高くなります。そのため、できるだけ早い段階での発見が重要です。破裂してしまった場合、命に関わることもあります。 健康診断の一環として脳の検診を行う場合、料金はかかりますが、健康保険組合で補助を出しているケースなどもあります。健診で補助を出すことで健診を受ける人が増えように促しているのです。健診を受ける人が増え、破裂する前に治療を行うことができる人が増えることは、医療費抑制の点からもよいことなのです。